【第6回・玉櫓】 複雑な塁線に注目したい